KH400と他バイク、クルマのブログでーす!

プロフィール

ちゅう

Author:ちゅう
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
5月10日 タンクの輝きは心の輝き ウレタンクリアー6日目完成
Category: KH400  
昨日に引続き研ぎ出します

今日は
2000番紙やすりからスタートです

2000番紙やすり
2000番ヤスリがけ
全体にまんべんなくかけます


2000番紙やすりがすんだら
コンパウンドをかけます
使用するコンパウンドは
フィニッシャーズ(模型用)のものです

コンパウンド
コンパウンド
ソフト99の3本セット(細目、中細、極細)と比較したのですが
フィニッシャーズのほうが
わずかの差ですが光沢がよかったので
フィニッシャーズを使いました



コンパウンドがけ
コンパウンドがけ
私はティッシュにコンパウンドをつけ磨いてきます
光沢を得るために
かなりの力を入れて

写真は机上ですが
このあと
床の上にタンクを置いて
指先に体重をかけ
押し付けるように磨きます

このようにして
コンパウンドファイン(細目)→コンパウンドミクロ(極細・仕上げ)の順にかけます

なぜティッシュペーパーを使うかといいますと
以前、車のプラモを作るときに
光沢を得るため
たくさんの布類等を使い試行錯誤しました

私は車の模型の命は
輝き(光沢)だと思ってます

模型用のフィニッシングクロスといわれる
柔らかく目の細かい布で
コンパウンド磨きをしても
どうしても最後に
研ぎキズがついてしまいます
フィニッシングクロスも3社、試してみましたがどれもキズがついてしまいます

光沢を得るために
かなりの力で磨きますので
どうしても布の繊維でキズがついてしまうのです
ルーターに磨用の布をつけてもダメでした

最後に行き着いたのがティッシュペーパーです
これが一番、キズがつきにくいです

実車の場合は
ここまでこだわらなくてもいいと思いますが・・・・・



コンパウンド細目の効果
コンパウンド比較
「Kaw」のところだけ
コンパウンド細目をかけました
光沢が出てきました

引続き
まんべんなくコンパウンドファイン(細目)をかけます
そしてコンパウンドミクロ(極細仕上げ)をかけ
完成です


完成
完成
タンクに蛍光灯が映し出され
一応、文字、ラインの段差がなくなりました

全体を見ると
光沢が少々甘いところがあります
磨くときにタンクをうまく固定できず
力が入らないとこがあるからです

この状態で
実車に取り付けて
光沢の甘い部分を
磨きたいと思います


この研ぎ出しの作業
かなりしんどいです
心の中では
「タンクの輝きは
心の輝き!」

と叫びながら作業します
スポンサーサイト